診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   センター   IVRセンター

概要・特色

当センターについて

最新のIVR-CT

【図1】IVR-CT

2017年春に新しく誕生した診療部です。甲南医療センターでは最新のIVR-CT【図1】と呼ばれる術中にCTも撮影可能な血管撮影装置と循環器系の血管撮影装置の2室を備えています。腹部、循環器、脳神経系の血管撮影、カテーテルを用いた治療が行えます。(循環器、脳神経の治療については各診療科のページを参照ください)

循環器内科脳神経外科

IVRについて

IVR(画像下治療)とはX線やCTなどの画像ガイド下に経皮的に治療を行う低侵襲治療です。治療法には腫瘍に対する塞栓術や血管狭窄を広げる血管拡張術などたくさんの治療手技があります。

IVRについて

【図2】IVRについて

 

センター長について

センター長 廣田省三

【図3】センター長 廣田省三

センター長には前兵庫医大教授でアジア太平洋IVR学会会長、日本IVR学会会長などを歴任した廣田省三が着任しました。片山直人医長は神戸大学でIVRの研鑽を積んだ新進気鋭の放射線科医です。【図3】
腹部を中心としたIVR治療は2018年に235例(経動脈化学塞栓術 37例、内臓動脈瘤コイル塞栓術 4例、中心静脈カテーテル挿入関連 100例、透析シャントPTA 36例、RFA治療4例、CTガイド下生検/ドレナージ26例など)に施行しました。甲南医療センターの患者さんによりよい最高の医療を提供できるようスタッフ一同準備しています。

IVRセンタースタッフ詳細IVRセンター実績

病気・治療・検査

病気

癌、血管狭窄、動脈瘤、血管奇形、胃静脈瘤、出血、膿瘍、嚢胞などが治療の対象となります。
 

IVR治療の種類(代表的なもの)

1)化学塞栓療法(TACE)

カテーテルを用いて血管を介してガンの栄養動脈を化学療法剤と虚血塞栓術で治療する。
 

2)静脈瘤塞栓術(BRTO)と門脈圧亢進症の治療

胃静脈瘤、直腸静脈瘤などの静脈瘤をカテーテルで閉塞させる。経皮的肝内シャント術(TIPS)、経皮経肝塞栓術塞栓術(PTO)、部分的脾動脈塞栓術(PSE)などの治療と組み合わせ門脈圧亢進症の治療として行う。
 

3)出血治療

胸腹部出血に対しカテーテルを出血ポイントに進め止血する。
 

4)動脈瘤塞栓術

脾動脈、腎動脈などの内臓にできる動脈瘤をコイルで塞栓治療する。

動脈瘤塞栓術

【図4】動脈瘤塞栓術

 

5)血管奇形塞栓術

肺の動静脈奇形など血管奇形をカテーテル、穿刺で治療する。
 

6)経皮局所焼灼療法(RFA)

肝癌、腎がんなどのガンをラジオ波針で焼灼したり、アルコールを注入する(PEIT)ことで、治療する。

経皮局所焼灼療法(RFA)

【図5】経皮局所焼灼療法(RFA)

 

7)経カテーテル血管形成術(PTA)

血管やシャントの狭窄、閉塞をバルーンカテーテルやステントを用いて広げます。
 

8)経皮動注化学療法

手術できないガンに対し栄養動脈から薬剤を流し治療効果を高めます。動注ポートの埋め込みも行います。
 

9)中心静脈ポート埋め込み術

点滴栄養のためのルートに穿刺しやすい道具を皮下に埋め込みます。
 

10)経皮生検・膿瘍ドレナージ術

体の深部にあっても画像誘導下(CT,US)に針を穿刺し、組織を採取したり、膿瘍内の膿を抜き取ります。
 

11)副腎静脈サンプリング

副腎腫瘍のホルモンサンプリングを副腎から直接採血します。
 

メッセージ

IVR-CTを導入しました。術中にCTを即座に撮影でき血管造影と組み合わせて精細な画像診断が可能です。CT透視と言われる機能が搭載されておりCT下穿刺時に穿刺針の通過をCT断面でリアルタイムで観察でき正確に穿刺が実施できます。血管造影の3Dソフトウェアも最新で充実したものとなっています。
また、廣田は肝臓腫瘍や門脈圧亢進症による静脈瘤治療の専門家で、胃静脈瘤治療では日本で最多症例数を経験しています。

IVRセンタースタッフ詳細はこちら