診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   外科   耳鼻咽喉科

診療方針

耳鼻咽喉科の常勤医師は部長1名・医長2名の女医3名です。悪性腫瘍以外の耳鼻咽喉科手術全般を行い、急性炎症や突発性難聴・顔面神経麻痺に対する点滴などの救急入院もお受けしています。診療所から紹介されて、当科で精査・治療・手術を受けられた患者さんが、次からはお近くの診療所での治療に戻られるようにすることが、私たちの役割と考えています。手術入院はあらかじめ入院日を設定、外来で術前検査を行い、短い日程で済むようクリニカルパスを導入しています。
外来は明るく楽しく、何でも相談できる雰囲気を大切にしています。耳鼻咽喉科の診察は「痛い!怖い!」と思っておられる方が多いと思います。できるだけご本人の希望にそって、痛みの少ない検査・治療を心がけていますので、遠慮なくお申し出ください。

 

主要な疾患

耳疾患

  • 真珠腫性中耳炎や慢性中耳炎などの中耳手術疾患
  • 一般的な外耳も含めた耳疾患
  • 好酸球性中耳炎や耳管開放症などの特殊な中耳疾患

鼻疾患

  • 慢性副鼻腔炎や鼻中隔彎曲症などの鼻副鼻腔内視鏡手術疾患
  • 一般的なアレルギー性鼻炎 など

咽喉頭疾患

  • 慢性扁桃炎
  • 扁桃肥大
  • 声帯ポリープ など

頸部疾患

頸部腫瘍 など

 

急性炎症

  • 急性扁桃炎
  • 扁桃周囲膿瘍 など

小児耳鼻咽喉科疾患

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 滲出性中耳炎
  • 難聴の診断
  • 補聴器相談
  • ことばの訓練 など

老年性難聴の補聴器相談