診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   センター   血液浄化・腎センター

概要・特色

血液浄化センターは、血液透析および腹膜透析の導入と維持管理を主な業務としています。腎臓内科医4名と看護師・MEとのチームで治療にあたっています。血液透析ベッド29床で午前午後の2クールの治療をおこなっています。オンラインHDF、間欠補充型HDFといった最新の治療も積極的に取り入れています。腹膜透析と血液透析の併用治療もおこなっています。他院からの紹介で、循環器内科、消化器内科、外科、整形外科、形成外科などの急性期治療が必要な患者さんに対しては、入院中の透析治療と全身管理をおこないます。長期リハビリテーションが必要な場合などは、六甲アイランド甲南病院に転院していただいて透析治療を継続するようにしています。通院が困難な透析患者さんに対しては、六甲アイランド甲南病院では血液透析患者さんの送迎のサービスもおこなっています。

 

病気・治療

末期腎不全、急性腎不全

適切な時期に適切な方法で透析治療を導入し、必要に応じて維持・管理をおこなっていきます。

 

その他血液浄化治療対象疾患

神経疾患、自己免疫疾患、肝不全、炎症性腸疾患などで、保存的治療が奏効しない場合には当該診療科と協力して、血漿交換、免疫吸着、白血球除去療法などのアフェレシス治療をおこなっています。