診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   外科   泌尿器科

泌尿器科は男性および女性の泌尿器(尿の排出を行う器官)の疾患と男性性器の疾患と対象とする医学の一分野です。具体的には腎、副腎、腎盂、尿管、膀胱、尿道、前立腺、精嚢、精巣、精巣上体、陰茎などの疾患を扱います。
 

診療方針

泌尿器科専門医が最新の治療機器を使用して病気の診断と病状の評価を行います。必要とされる検査や適切な治療法を説明し、同意を得た上で検査や治療を行います。
また、病状により治療効果が得られないと判断した場合は治療の中止をお勧めする場合もあります。
 

主要な疾患

1)炎症性疾患

膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、尿道炎、精巣上体炎など
 

2)機能障害

神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁など
 

3)結石

腎盂腎杯結石、尿管結石、膀胱結石など
 

4)良性腫瘍

前立腺肥大症、副腎腫瘍など
 

5)悪性腫瘍

前立腺癌、腎癌、膀胱癌、腎盂尿管癌、精巣癌、陰茎癌など
 

6)外傷

腎外傷、尿道損傷など
 

泌尿器科から

これらの疾患の診断から治療(投薬や手術)を泌尿器科で行います。対象疾患が多岐に渡りますので、適宜内科医師と協力して治療にあたります。