診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   外科   歯科口腔外科

診療方針

甲南医療センターのオープンに伴い、これまで甲南病院にはなかった歯科口腔外科が新設されました。神戸大学医学部附属病院歯科口腔外科で豊富な経験を積んだ常勤の口腔外科医2名が、近隣の歯科医院や医療機関および院内の他診療科と密接に連携しながら、質の高い診療を行って参ります。

 

主要な疾患

歯科口腔外科では、開業歯科医院では処置困難な

  • 埋伏歯(親知らずなど)の抜歯
  • 全身疾患を有するリスクの高い患者さんの抜歯
  • 歯や顎が原因の感染症
  • 歯や顎の外傷
  • 歯の移植
  • 嚢胞摘出術(開窓術)
  • 歯根端切除術
  • 顎に発生する腫瘍性病変
  • 口腔粘膜疾患
  • 顎関節症

などの治療を行います。

また、全身麻酔下での手術や化学療法・放射線治療を受ける患者さんの周術期口腔機能管理を行います。

 患者さんへのお願い

基本的に虫歯の治療や義歯の作製などは、かかりつけの歯科医院でお願いする方針です。