診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   内科   小児科   病気・治療・検査

一般診療

子どものことならなんでもどうぞ。小児科は子どもの総合診療科です。

小さな子どもはよく熱を出したり、すぐに風邪をひいたりします。軽い風邪かもしれないけど何か心配、なかなか症状がおさまらないなど、少しでも不安に思われるときには気軽に受診されることをお勧めします。当院では複数の小児科専門医がそれぞれの専門性を持ちながら、一般外来で診療しています。

 

アレルギー疾患

小児のアレルギー専門医による診療

子どもが成長するにつれてアレルギー疾患は変化していきます。乳児期にアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを発症し、幼児期になると気管支喘息、学童期にはアレルギー性鼻炎というふうに疾患が移り変わります。これをアレルギーマーチといいます。また、それぞれの疾患が関連しており、複雑に変化するため、子どもの総合診療科である小児科にご相談ください。当院では日本アレルギー学会の専門医が3人常勤しており、アレルギー外来で診察しています。かかりつけの先生にアレルギーの疑いがあるといわれた、食べ物を食べた後で症状が出たなどの場合は、当院小児科外来にご相談ください。

 

食物アレルギー

たまご、牛乳、小麦、ピーナッツなどを食べることでアレルギー症状をおこす食物アレルギーは増加傾向にあるといわれています。いったん発症すると、日常生活での食事の制限、誤食のリスクなど子どもや家族にとって負担が非常に大きい病気です。当院では「正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去」をめざしています。食物アレルギーの正しい診断には、原因と考えられる食品を実際に食べてみる食物負荷試験が必要不可欠です。食品を食べてアレルギー反応が起こるリスクがあるため、当院では主に日帰り入院(場合により1泊入院)で食物負荷試験を行っており、病棟ではすぐそばにアレルギー専門医と看護師が付き添うようにして、症状の出現に備えています。だいたい年間200例の負荷試験を実施しています。

 

気管支喘息

気管支喘息はダニやウイルス感染、運動などにより気管支の平滑筋が収縮し「ゼーゼー・ヒューヒュー」といった喘鳴を呈する疾患です。治療には急性発作を抑える治療と、発作を起こさないように予防する長期管理があります。喘息の治療には吸入薬など特殊なものもあり、病気や治療のやり方を十分に知ってもらうことが大切です。当院ではアレルギー専門医とアレルギーの知識・経験が豊富な看護師が、丁寧で分かりやすい説明をして治療を効果的なものにするようにしています。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は食物アレルギーとの深いかかわりがあり、最近では「経皮感作」がトピックスになっています。これはアトピー性皮膚炎などの炎症のある皮膚に微量の食物が付着することで、食物アレルギーが成立してしまうことです。その予防には免疫が発展途上の乳幼児期のスキンケアが特に大切といわれています。当院ではスキンケアについても実際に保湿剤や外用剤を塗りながら指導を行います。

 

アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルギー性鼻炎・結膜炎は花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎と、一年中いつでも症状のある通年性アレルギー性鼻炎があります。通常は症状を抑えるために、抗ヒスタミン剤の内服や点眼などを行います。花粉症はスギ花粉が多く、通年性はダニが原因となることが多いので、最近ではスギ花粉やダニに対する免疫療法が注目されています。これは、アレルゲンを定期的に摂取することで体がそのアレルゲンに慣れていくという治療です。当院では舌下免疫療法といわれる、口の中にアレルゲンを入れる治療を行っています。

 

神経疾患

小児神経専門医による診療

熱性けいれん、てんかんなどの発作性疾患、頭痛、先天異常、自閉症スペクトラム障害などの疾患を中心に神経外来で診療しています。血液検査、脳波検査、頭部CT、頭部MRI/MRA/MRS検査、発達評価などを実施し、診断と治療、フォローアップを行っています。

 

発達に関連する疾患

診断から療育まで一貫した診療

自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、学習障害、知的障害などの発達障害の診療と療育を一貫して行っている全国的にも数少ない総合病院です。六甲アイランド甲南病院と連携して診療を行います。
予約制の初診後、必要に応じて医学的検査(血液検査、脳波検査、頭部CT、頭部MRI/MRA/MRS検査、聴性脳幹反応)と発達評価(発達検査、行動評価、各種チェックリストなど)を行い、可能な限り診断告知をして、必要な療育プログラム(個別療育、集団療育、心理カウンセリング、ペアレントトレーニング)にお誘いします。小児科医、心理士、言語聴覚士、作業療法士がチームを組んで診療と療育を行います。場合によっては、神戸市東部療育センターやデイサービスとも連携します。
子どもの発達に何か不安を感じられる場合は、遠慮なく初診予約の電話をしてください。

 

感染症

呼吸器感染症(肺炎・気管支炎・クループ・百日咳など)・消化管感染症(ウイルス性胃腸炎・細菌性腸炎など)・腎泌尿器感染症(急性腎盂腎炎など)・脳神経感染症(髄膜炎など)・その他(蜂窩織炎・ウイルス性発疹症など)の急性疾患に対し、必要に応じて 血液検査・尿検査・髄液検査・超音波検査・心電図・画像検査(レントゲン・CT・MRIなど)を行い、抗生剤の適正使用に留意して治療します。

 

内分泌・代謝疾患

低身長・思春期早発症・糖尿病・肥満・甲状腺機能異常などに対して、血液検査・尿検査・負荷試験・画像検査(レントゲン・超音波・CT・MRIなど)で診断し治療します。診断確定後は必要に応じて専門機関と連携しながら治療します。成長ホルモン分泌不全性低身長症などの診断に必要な負荷試験は1泊2日の入院で行い、適応があれば成長ホルモン補充療法を行います。

 

乳幼児健診・予防接種・シナジス

病気の予防、異常の早期発見などは子どもにとって大きなメリットがあります。小児科医にとっても大事な仕事なので予約制で時間をかけて丁寧に行います。また、健康な子どもが感染性のある急性疾患の子どもたちとできるだけ接触しないように、午後の時間に予約枠を設けました。シナジスはRSウイルス感染症の予防を目的とした注射です。早産で生まれたお子さん、先天性心疾患、呼吸器疾患、免疫不全、ダウン症などのお子さんを対象に毎シーズン実施しています(2019年度は7/25より開始)。予約制ですので、対象の方は小児科までお問い合わせください。