診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   内科   消化器内科

診療方針

当院は、消化器病学会および消化器内視鏡学会、肝臓学会の指導認定施設であり、外科や放射線科、腫瘍内科とともに消化器センターを設置し、消化管および胆膵、肝臓疾患の診断と治療を積極的に行っています。2017年以降、最新の内視鏡診断・治療に習熟したスタッフの増員と、超音波内視鏡の導入などハード・ソフト面ともにチーム体制の強化を行い、より多くの疾患に対する高度な診断・治療が可能となっております。
2019年10月からは、甲南病院・六甲アイランド甲南病院双方の消化器内科医が集結し、甲南医療センター消化器内科として、今まで以上に充実した体制で質の高い診療を行ってまいります。

 

主要な疾患

1)消化管(食道・胃・大腸ならびに小腸)疾患

  • 腫瘍性疾患:食道・胃・大腸や小腸のがん、粘膜下腫瘍(GISTなど)、悪性リンパ腫、その他腫瘍全般
  • 炎症性疾患:逆流性食道炎、胃炎(ピロリ菌感染、A型胃炎)、胃十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病など)、好酸球性消化管疾患(好酸球性食道炎、好酸球性胃腸炎)、など 
  • その他:食道運動異常(アカラシアなど)、食道胃静脈瘤、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群、消化管出血、難治性便秘、など

 

2)胆膵疾患

胆道(胆嚢、総胆管)のがん、膵臓のがんや膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)などの各種腫瘍、悪性胆管狭窄、胆嚢結石症・総胆管結石と急性胆のう炎や胆管炎、急性膵炎、慢性膵炎、など

 

3)肝臓疾患

ウイルス性肝炎/肝硬変、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、自己免疫性肝炎、肝細胞がんやその他の肝内腫瘍、肝膿瘍、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、など