診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   内科   循環器内科   病気・治療・検査

1)虚血性心疾患(急性心筋梗塞・狭心症)

スクリーニングとしての負荷心筋シンチグラフィ、心臓CT検査、運動負荷心電図検査を実施し疑わしい場合、入院の上カテーテルでの冠動脈造影検査(CAG)を行います。冠動脈造影検査に際しては必要に応じて冠動脈血流比(FFR)測定も行い、狭窄病変による血流障害の程度を計測しカテーテル治療(PCI)が必要かの評価を行います。そしてカテーテル治療に際しては血管内超音波(IVUS)や光干渉断層法(OCT)を用いて血管の状態を詳細に評価しながらより確実で安全な治療を行っております。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、喫煙歴などのリスク因子のある患者さんはご相談ください。特に急性心筋梗塞は一刻をあらそう重篤な疾患であり365日24時間の救急受け入れが可能な体制を整えています。緊急カテコールでスタッフが集合し90分以内のDoor to Balloon timeを目指しています。

  • 虚血性心疾患(急性心筋梗塞・狭心症)
  • 虚血性心疾患(急性心筋梗塞・狭心症)

当院でのカテーテルでの冠動脈造影検査、冠動脈形成術(ステント治療)を行う際は基本的には橈骨動脈と呼ばれる手首にある血管からカテーテルを入れることが主となっています。手技によっては大腿動脈という足の付け根の太い動脈を用いることもありますが、現在はカテーテルやステントなどのシステムの性能、安定性が向上しほとんどの症例では橈骨動脈からのアプローチが可能となっております。患者さんにより負担の少ない医療、安全な医療を目指しています。
 

2)末梢動脈疾患

末梢動脈疾患(PAD)とは、動脈硬化を原因として主に足の動脈に狭窄または閉塞をきたす疾患のことです。足の動脈の血流障害(虚血)のため、歩くと足が痛くなる等の跛行症状が認められます。重症化すれば足が壊死してしまい、下肢切断を必要とする場合もあります。PADの患者さんは虚血性心疾患、脳血管障害を合併していることが多く、生命予後は不良です。当科ではPADの患者さんに対して積極的にカテーテルによる血管内治療を行っています。最近では下肢動脈ステントだけではなく、薬剤溶出性バルーンを用いたカテーテル治療も行っています。下肢切断を必要とする場合には形成外科とも連携をとりながら治療を行っています。また足の動脈だけではなく、虚血性心疾患、脳血管の精査も行い、包括的なチーム医療を実践しています。

  • 末梢動脈疾患
  • 末梢動脈疾患
  • 末梢動脈疾患
  • 末梢動脈疾患

 

3)不整脈

徐脈性不整脈(洞不全症候群、房室ブロック)で症状のある患者さんに対しては恒久的ペースメーカー植え込み術を勧めております。頻脈性不整脈(心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍など)や期外収縮に対してガイドライン従いカテーテルアブレーションを積極的に行っています。特に症候性心房細動に対しては第一選択の治療法と考えています。

3Dマッピングを用いた肺静脈隔離術

3Dマッピングを用いた肺静脈隔離術
 

4)心不全

高齢者の増加、それに伴う高血圧、弁膜症、心房細動に罹患する患者数の増加にともない心不全患者は爆発的に増加してきています。医療機関のみならず地域全体としてさまざまな職種が連携して心不全の発症や重症化を防ぐ体制作りが急がれています。甲南医療センターは地域の中心となる急性期病院として積極的に心不全患者を受け入れてゆきます。そして多職種とのチーム医療で心臓リハビリテーションも早期から介入し、心不全患者の再入院を予防し質の高い生活を行っていただけるよう教育・生活指導・カウンセリングも行います。退院後も心不全患者では日常生活における綿密な管理が必要になるため、地域の医療機関や訪問看護ステーションとの連携を行いながらサポートさせていただきます。

神戸心不全ネットワーク(KHFN)

“心不全患者さんを地域全体で診療する”ことを目標に、急性期病院と療養型病院、診療所、そして在宅訪問医療まで、地域の医療機関が一体となった”心不全に対する地域包括ケア”を目指し神戸心不全ネットワーク(KHFN)が立ち上がりました。甲南医療センターも連携医療機関として東神戸の心不全治療の中心として積極的に活動してゆきます。

神戸心不全ネットワーク(KHFN)

5)静脈血栓症(肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症)

深部静脈血栓症とは静脈内に血の塊(血栓)が生じる状態で、下肢の静脈に外傷や長時間足を動かさないことで起こることが多く、片足が腫れ痛みが現れます。血栓が大きくなり下肢の静脈から心臓、肺に流され肺の血管を閉塞させた場合は肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)とよばれ呼吸困難、胸痛をきたし重症な場合は命を落とすこともある疾患です。

足のむくみ、腫れ、痛みに気付いたときや今までにない歩行時や階段での息切れ、胸や背中の痛み、動悸などを感じたときはご相談ください。静脈血栓症の疑いがある場合は超音波検査やCT検査を実施し診断をつけます。血液をサラサラにする抗凝固療法で血栓を溶かすことが治療の主体となり重症度に応じて外来・入院での治療を行っています。
 

6)睡眠時無呼吸症候群(SAS)

SASとは睡眠中に呼吸が止まる、また浅く・弱くなることにより日常生活にさまざまな障害をおこす疾患です。この疾患が原因で脳卒中は3.5倍、心不全は4.0倍、高血圧は2.1倍に増加すると言われています。また認知機能が低下し交通事故、集中力・記憶力低下、日中の眠気をきたすこともあります。

いびきがうるさい、または無呼吸の間はいびきが止まりあえぐような大きな呼吸や大きないびきとともに呼吸が再開すると言う症状が特徴です。日中無性に眠たくなったり、熟眠感がなく起床後より倦怠感、眠気を自覚することがあります。

当院ではまず自宅で受けていただくことが可能な簡易検査を行います。もし、疑いがあれば一泊入院で「ポリソノグラフィー」という検査を行い確定診断します。SASの治療としてはCPAP療法(持続的陽圧呼吸療法)と言って、睡眠時にマスクから機会で圧力をかけた空気を鼻から起動に送り込み気道を広げて無呼吸を防止します。いびきや日中の眠気が気になる方はお早めに相談ください。
 

7)心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは心筋梗塞、狭心症、心不全などで急性期治療を受けた患者さんが社会復帰し、再発を予防して、最終的に快適で良質な生活を目指すために、運動療法だけでなく食事療法・生活指導・カウンセリングなどを包括的に行うプログラムです。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師、栄養士、臨床心理士、ソーシャルワーカーでの多職種チームを組んで個々の患者さんに対応しています。

心臓リハビリテーション
実際のメニューとしては6分間歩行負荷検査、心肺運動負荷検査(CPX)などの運動負荷検査結果を参考に各個人に適した運動負荷量を決定し、エルゴメーターを使用した有酸素持久運動と筋力トレーニングを医師、看護師、理学療法士と共にモニター観察下で安全に配慮した状態での集団リハビリテーションを行っています。御高齢の患者さんで集団のメニューをこなせない方は個別での理学療法士とのマンツーマンでの運動療法、生活の質が向上するよう作業療法士との日常生活訓練なども行います。
心臓リハビリテーション
そして毎日の集団指導として月曜は栄養士からの栄養指導、火曜は医師からの心不全指導、水曜は薬剤師からの服薬指導、木曜は理学療法士からの運動指導、金曜は看護師からの生活指導を行い病気を再発させない、生活の質を向上させるためのお手伝いをさせていただいています。そして退院すれば心臓リハビリは終了したわけではなく、その後の生涯にわたる快適な生活を維持するための外来リハビリテーションも行うことが重要です。
心臓リハビリテーション
甲南医療センターでは主に急性期から亜急性期の患者さんを対象に、また六甲アイランド甲南病院では亜急性期から慢性期の患者さんを対象に心臓リハビリテーションを連携しながら行っています。