診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   診療支援部門   リハビリテーション部

概要・特色

リハビリテーションとは

障害を持つ方々が、住み慣れた地域で、いきいきと豊かに社会人として生活できるまでの過程を『リハビリテーション(rehabilitation)』といいます。我々は、病気や外傷が原因で心身の機能と構造に不都合が生じたり、生活上の支障が生じたときに、医師を中心とした多職種の専門家によって、多面性をもった情報を共有し、最大限の回復を得て、社会復帰を支援する医学的リハビリテーションを行います。

当院では医学的リハビリテーションとして、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など各医療スタッフが専門性を最大限に発揮し、障害をもった方々のリハビリテーションを実現するために連携・協働しています。

 

施設基準

運動器リハビリテーション料Ⅰ
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ

 

理学療法部門(physical therapy ; PT)

「自分の足で歩きたい」
「好きなところに行きたい」をサポート

理学療法士は怪我や疾病により障害された身体機能に対し、筋力を強化するための運動や、熱・電気などの物理的力を応用した治療を実施します。運動を行い物理的な刺激を加えることで、身体機能の回復を図り、寝返る、起き上がる、立ち上がる、立位保持、乗り移る、歩く、移動するといった日常生活に必要な基本的動作を実用化できるよう支援いたします。

作業療法部門(occupational therapy ; OT)

「トイレに行く」

「できるかぎり身の回りのことは自分でする」をサポート

作業療法は、身体・精神に障害を持った方々に対して、手芸、絵画、木工、ゲーム、囲碁将棋、園芸、習字、軽スポーツ、料理、楽器演奏、歌などの作業を使って、意欲・集中力を促進し、耐久性・筋肉の持久力・手の器用さを増大させます。それにより、食事・トイレ・着替え・入浴・身だしなみといった身の回りのことをする能力や、字を書くこと・料理や掃除・趣味・運転の能力の改善を図る治療法です。また、適切な環境・方法で動作訓練を行い、障害を持ちつつも自立した生活が送れるよう支援いたします。

言語聴覚療法部門(speech- language -hearing therapy ; ST)

「コミュニケーションをとる」

「食事を楽しみたい」をサポート

病気や事故、発達上の問題が原因で、コミュニケーションや食べ物がうまく飲み込めなくなってしまうことがあります。コミュニケーションに問題が起きると、聞いたことを理解したり、伝えたい言葉を出すことが困難になります。また、飲み込みに問題が起きると、家族と同じ食べ物を食べる、口から食べて栄養を摂ることが難しくなります。そのような方々に「話す、聴く、飲み込む」等の専門的訓練を行い、自分らしい生活を構築できるよう支援いたします。

リハビリテーション部 スタッフの配属場所

一般病棟

病気や怪我を発症して間もない時期や、手術後などの病態の管理が必要な方が入院している病棟です。医師の指示のもと、身体の回復状態に応じた運動を可能な限り早期から開始致します。

 

回復期リハビリテーション病棟

病状が落ち着いても、病前の日常生活能力や社会適応能力への回復には時間を要すことが多く、場合によっては病前と全く同じ状態までに回復することが難しい方もいらっしゃいます。回復期リハビリテーション病棟では社会復帰に必要な身体能力の回復を図るだけでなく、退院後の生活を想定した環境調整や福祉サービスの調整も行います。

 

地域包括ケア病棟

急性期病棟での治療を経て病状が安定した患者様、また、地域にお住いの方々に入院する必要性が生じた場合に、在宅復帰や居宅系施設(介護施設)入所に向けて支援を行う病棟です。

 

外来

医師の指示により外来での継続した理学療法、作業療法、言語聴覚療法が必要と判断された方に対し、外来診療を行っています。ただし、各療法ともに外来継続可能な日数には上限が定められています。

 

当院の特徴

近年、高齢化により心大血管疾患や脳血管疾患など、複数の病気を併発して入院されている方が多く見受けられます。当院では脳血管チームや呼吸器チームなど診療科別のスタッフ配置をあえて行わず、一人のスタッフが様々な病態を有した方への介入を行っており、個々の病態に応じた、安全かつ効果的な治療計画が提供できるよう努めております。

  • 心臓リハビリテーションを拡充し、外来診療を始めました。(2019年度より)
     心大血管疾患の再発の予防には食事、服薬、運動などの包括的な管理が重要といわれております。しかし退院後も入院中と同じような生活を維持することが難しく心不全を再発される方も珍しくありません。当院では、2019年度より外来での運動療法、生活指導、教育、カウンセリングを開始し、心大血管疾患の再発予防に努めております。
  • 発達障害の子供たちの治療・訓練も行います
    箸を使うのが苦手、字が上手く書けない、ボタンをとめたりチャックをしたりすることが困難、あるいは物事に集中することが苦手といった障害を持っている子供たちに対する治療・訓練を行います。
  • 関連施設とともに急性期治療から在宅までのあらゆる場面でサポートができます
     甲南会では甲南医療センター、甲南加古川病院、甲南老人保健施設、甲南訪問看護ステーション、甲南居宅介護支援事業所を有しており、急性期治療が必要になった場合や、退院後の介護保険サービスなどの対応も可能です。