News

トップページ   お知らせ   内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)の実施に関する重要なお知らせ

お知らせ

内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)の実施に関する重要なお知らせ

緊急事態宣言解除に伴う、通常内視鏡診療再開について
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に関して出された日本消化器内視鏡学会の方針に準じて、
2020年3月末から当院では緊急性のない消化器内視鏡検査を控えさせていただいていました。

 

 緊急事態宣言解除をうけて2020年5月18日付けで日本消化器内視鏡学会から、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器内視鏡診療についての提言(改訂第5版)が発表されました。

 

 緊急性のない待機的な内視鏡検査や内視鏡検診に関しても、長期にわたる休止は患者や検診受診者に重大な
不利益を生む可能性は否定できないことから再開を検討する時期にきていると考えられ、臨床的にCOVID-19を疑わない
ローリスク患者に対する消化器内視鏡診療については、適切かつ確実な感染防護策をとって実施すること、と述べられています。
 COVID-19が確定した症例・臨床的にCOVID-19を疑う症例(ハイリスク患者)に対しては、緊急性のある場合に限り
内視鏡を施行するという方針は変更されていません。

 

当院は日本消化器内視鏡学会指導施設であり、学会の方針に則り、内視鏡診療を行っております。
今回の緊急事態宣言解除・学会提言をうけて、当院では、臨床的にCOVID-19を疑わないローリスク患者様につきましては、
内視鏡検査のご予約を再開させていただきます。(2020年5月25日~)

 

 当院では患者様と職員の安全を確保するため、感染予防対策の一環として、検査当日、内視鏡室入室前に全患者様への
検温・問診を行っております。内視鏡検査医が「感染リスクあり」と判断した場合は、当日の検査を中止させていただく場合
がありますが、何卒ご理解ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。
(その場合、次の新しい検査日は主治医と相談していただきます)

 

 また、今後感染の第二波・第三波が来た際に、急に、緊急事態宣言期間中と同様、緊急性のない内視鏡診検査の予約を
制限させていただいたり、既に予約済の検査の延期を考慮し、患者様にご連絡を差し上げたりする場合がありますが、ご了承ください。

 

消化器内科