病院について /

トップページ   病院について   基本情報   院長挨拶

2019年4月に、濵辺前院長の後任として院長を拝命した三枝康宏でございます。濵辺先生と同様にご芳情賜りますようお願い申し上げます。

六甲アイランド甲南病院は、一般財団法人甲南会の運営する神戸市東部の基幹病院として、甲南病院と共に地域の皆さまに安心安全で高度な医療を提供することを目指しています。元々、甲南病院は、川崎造船所社長、文部大臣、日本製鉄社長などを歴任し、甲南学園などを創設した平生釟三郎が、「人類愛の精神に基づき、あらゆる点において病人を本位とした悩める病人のための病院たらん」という理念を掲げ、昭和9年に創設されました。そして、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、検査技師、放射線技師、栄養士、ソーシャルワーカーなどのあらゆる職種全員がこの基本理念を大切にして、チーム医療を推進しています。

現在、甲南会は、甲南病院と六甲アイランド甲南病院の統合、再編を進めており、甲南病院の立替工事を行っております。2019年10月には甲南医療センターとして診療を開始する予定です。その後、六甲アイランド甲南病院は、回復期を中心とした病院に生まれ変わる予定です。そのため、改修工事等を行うことになりますので、その間、患者さんをはじめ、関係各位には多大なご不便、ご迷惑をおかけすることになりますが、今まで通り機能を落とすことなく診療を続け、地域の皆さまに信頼される病院を目指して、職員一同努力してまいりますので、今後とも皆さまのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

六甲アイランド甲南病院長 三枝 康宏