診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門   内科   放射線科

診療方針

近年の医療において画像診断は、適切な治療の選択においてますますその重要性を増しています。
放射線科では、医療理念にもとづき、画像診断の精度向上と、被曝低減や検査の効率化など患者さんの負担軽減を常に考慮し、適切な検査の選択と、迅速な検査・診断を行い、患者さんが安心して受けられる医療を目指しています。

診療内容

診療各科との連携のもとに、CT、MRIを軸とした画像診断を担当しています。スタッフは常勤放射線科医1名、非常勤放射線科医1名、いずれも放射線診断専門医と、放射線技師10名です。また甲南医療センターとの画像診断の協力を構築し、高い診断精度の維持に努めています。

院内からの依頼のみならず、地域連携にもとづき、近隣医療機関からのCT、MRIなどの依頼に直接対応しています。検査の基本は予約ですが、予約外検査の依頼にもできるだけ迅速な実施と検査結果の遅滞なき報告ができるよう努力しています。

主な装置は128列マルチスライスCTが1台、1.5TMRI装置が1台、X線テレビが1台、一般撮影装置は汎用撮影装置2台、乳房撮影装置、歯科用撮影装置の構成です。

実績

中央放射線部の実績ページをご覧ください。

中央放射線部:実績