後期研修医 /

Syokaki

トップページ   後期研修医   消化器内科プログラム

消化器内科(1年次)

研修内容

  • 診察、診断
主な到達目標
  • 消化器疾患の身体所見を正確に取得できる。
  • 血液検査所見の解析ができる。
  • 単純X線検査の読影ができる。
  • 各種画像検査(CT,MRI,ERCPなど)の読影ができる。
  • 初期研修医に適切な指導ができる。
  • 学会発表のプレゼンテーションができる。
  • 論文作成ができる。

研修内容

  • 検査・治療
主な到達目標
  • 消化器疾患の薬物療法ができる。
  • 直腸診ができる。
  • 消化器疾患の一般的処置(胃洗浄、腹腔穿刺など)ができる。
  • 上部消化管内視鏡が施行できる。
  • 腹部超音波検査が施行できる。
  • X線造影検査が施行できる。
  • 胃瘻造設および交換が施行できる。
  • 特殊検査を理解し、介助ができる。

 

消化器内科(2年次以降)

研修内容

  • 診察・診断
主な到達目標
  • 1年次の項目を独立して行えるとともに、正確性を高める。

研修内容

  • 検査・治療
主な到達目標
  • 大腸内視鏡検査が施行できる。
  • 上部および下部イレウスチューブ挿入ができる。
  • 指導医とともに内視鏡下の止血術が施行できる。
  • 指導医とともにEMRやポリープ切除ができる。
  • 指導医とともに肝生検・RFA・PTCDなどのエコー下処置が施行できる。
  • 指導医とともにERCPなどの胆道系処置が施行できる。
  • 癌化学療法の適応を判断し、施行できる。

 

消化器内視鏡専門医単独研修コース(週間スケジュール例)

モーニングカンファレンス
午前 上部消消化管内視鏡 上部消消化管内視鏡 外来 超音波検査 腹部エコー
午後 下部消化管内視鏡 下部消化管内視鏡 内視鏡治療 内視鏡治療 下部消化管内視鏡

 

消化器病専門医と消化器内視鏡専門医の並行研修コース(週間スケジュール例)

モーニングカンファレンス
午前 上部消消化管内視鏡 上部消消化管内視鏡 外来 超音波内視鏡 腹部エコー
午後 下部消化管内視鏡/
病棟
下部消化管内視鏡 内視鏡治療/
外科との合同カンファレンス
内視鏡治療/
病棟
下部消化管内視鏡/
消化器内科カンファレンス

 

消化器病専門医と肝臓専門医の並行研修コース(週間スケジュール例)

モーニングカンファレンス
午前 上部消消化管内視鏡 上部消消化管内視鏡 外来 超音波内視鏡 腹部エコー
午後 下部消化管内視鏡/
病棟
病棟 下部消化管内視鏡/
外科との合同カンファレンス
経皮的治療(肝処置) 血管造影・治療/
消化器内科カンファレンス