人間ドック・健診 /

トップページ   人間ドック・健診   健診センター   方針とごあいさつ

ごあいさつ

生活習慣病対策やがんの早期発見などの予防医療は、3人に1人が65歳以上となる2025年の高齢者社会の到来や医療費抑制政策を踏まえ、ますます重要になってまいります。六甲アイランド甲南病院健診センターでは生活習慣病の予防のための特定健診、市町村の行うがん検診、労働衛生安全法に基づく定期健診および人間ドックなどの予防医療を積極的に実施しております。

当健診センターは当院の最上階を診察室、検査室、更衣室などに改装し、平成21年9月に開設して以来、人間ドックおよび企業検診などを中心として健診業務を行ってきました。平成30年度の健診件数はそれぞれ1085件、1118件と漸増しており、早い段階での合計5000件を目指しています。現在のスタッフは医師2名、看護師2名、事務5名です。

業務の現状ですが、生活習慣病対策については血圧の管理から肥満や糖尿病・脂質異常症などを早期に改善して、死亡原因の2位、4位の心筋梗塞や脳卒中の原因となる動脈硬化性疾患の発症の予防に重点を置いています。また、上腕足首間脈波伝播速度の測定、頸動脈エコーなどで動脈硬化の進行状態を多くの受検者に生活改善とともに指導しています。がんの早期発見ですが、特に胃がんでは2016年に厚労省が対策型検診で胃X線検査に加えて内視鏡検査を認められ、当院の胃内視鏡検査枠は10件/日で、希望者には鎮静剤を投与しており、多くの方に苦痛なく検査が行えます。婦人科診察は毎日行い、肺癌検診の胸部CT、マンモグラフィー、腹部超音波検査など整えており、さらにPETの導入により非侵襲的に全身を検索できます。

さて、当健診センターの特徴ですが、総合病院の強みとして全ての検査や診療科の診察が可能であり、特にPETは甲南医療センターで施行するので両病院間の効率の良い運用により一日で健診を終えることができます。また、受健者が二次受診する理由として、便や尿の潜血反応が陽性、MMGでカテゴリー判定、ピロリ菌の除菌、心電図の不整脈、PSA高値など多くの診療科にまたがっていますが、全診療科が揃っている事より当院で速やかに診察・精密検査を受けることができます。他に、六甲ライナーの駅より徒歩3分と至便性が良く、またホテルに近接しているため希望されれば一泊健診を受けることもできます。ただ、当健診センターは13階に位置するため待ち時間に大阪湾の眺望を楽しんでもらえれるのですが、レントゲン検査と内視鏡検査は1階で行っておりエレベーターを利用するため動線が悪く効率的な検査の時間スケジュールを組むのに工夫が必要となります。

今後、新しく遺伝子を用いた検査が開発されており、例えば、血液からマイクロRNA測定よりにより胃がん、大腸がんなど13種類のがんを早期の段階で、しかも高い感度で診断できるようになりました。さらに、興味深いことに認知症や脳卒中の予測のマーカーとしても有用性が確認されています。また、尿の臭いから線虫を用いてがんを検出する方法で、これも感度は高く2020年に商品化されます。このような新しい検査が普及することにより、従来の健診の検査の項目や考え方も変わると思われ、柔軟に対応していくことが求められます。

六甲アイランド甲南病院 健診センター長
濵辺 豊

六甲アイランド甲南病院健診センターの方針

  1. わたしたちは、ひとりひとりの健康状態に合った健診をご提案、実施いたします。
  2. わたしたちは、高品質な医療機器を駆使し、高度な技量を有するスタッフによる精度の高い健診を実施します。
  3. わたしたちは、最新のエビデンスに基づいて丁寧に説明をおこないます。
  4. わたしたちは、安全で質の高い健診を提供するよう努めてまいります。