診断群分類包括評価について

入院医療費の計算方式(支払)変更のご案内

六甲アイランド病院では、厚生労働省の許可を受け、2008年7月よりDPC支払対象病院として、『DPC(診断群分類包括評価)』方式を導入いたしました。DPCデータを活用して、医療の標準化、適正化、質の向上に役立てたいと考えています。

DPC(診断群分類包括評価)

DPC(診断群分類包括評価)は、従来の診療行為ごとに計算する方式とは異なり、入院中に患者さまが治療された病気・治療内容をもとに、国で定めた『1日当たりの定額点数』を基本に医療費を計算する新しい方式です。
手術・麻酔・リハビリ・内視鏡検査等の技術料は、これまでどおりの『出来高払い方式』となり、『1日当たりの定額点数』に加算されます。
なお、入院患者さまの病気・治療内容によっては、当制度の対象にならない場合もございます。予めご了承ください。

DPCに関するQ&A

医療費の計算方式はどうなるの?
今まで個々の診療行為ごとに計算していた医療費(出来高払い方式)とは異なり、入院患者さまの病気・治療内容をもとに、国で定めた『1日当たりの定額点数』からなる包括評価の範囲(投薬・注射・検査・レントゲン・入院料等)と、出来高評価の範囲(手術・麻酔・リハビリ・退院時処方等)を組み合わせて医療費を計算する新しい方式です。
『1日当たりの定額点数』とは?
すでに新しい医療費の支払方式を実施している全国の大学病院(特定機能病院)等における実際の診療データに基づいて、「診断群分類」ごとに標準的に必要とされる検査や注射・投薬の費用を含んだ1日当たりの入院医療費を算出し、決定された医療費のことを言います。
医療費の支払方式はどうなるの?
基本的には、一部負担金の支払い方式は変わりません。退院時もしくは翌月10日の定期請求で請求させて頂きます。なお、病状の経過や治療内容によって、患者さまの「診断群分類」が入院後に変更になる場合もあります。この場合には退院時等に前月までの支払額との差額調整を行うことになります。また当制度には、病院ごとに厚生労働省によって定められた係数があります。同一の病気や治療内容でも病院によって医療費が若干異なります。その他に、食事代・室料代等も従来どおりお支払頂くことになります。
DPC(診断群分類包括評価)の対象者とは?
患者さまのご病気が、DPC包括評価で定められた診断群分類のいずれかに該当する場合が対象となります。しかし、病名によっては対象とならないものもあり、また、入院日数が大変長期になられる場合は途中から出来高払いとなります。なお、自費診療・労災保険・自賠責保険適用の方・歯科でご入院の方は出来高払いとなります。
高額療養費の扱いはどうなる?
高額療養費の取り扱いは変わりません。お支払された1ヶ月分の医療費が、自己負担額を超えた場合、超えた額が高額療養費として支給される扱いになります。(食事代・室料代等は対象外です)