看護・介護の紹介

看護・介護の理念

人間としての尊厳・権利を守り、各個人の価値観や日常の生活習慣などを尊重し、その人の立場にたった優しさと温もりのある看護・介護を提供し、一人ひとりの心に届くケアを行う。

看護・介護の活動目標(平成30年度)

  1. 利用者の意向に沿った個別的な支援のための新たな職種連携のあり方を確立できる。
  2. 職員のマネジメント能力を強化する。
  3. 職場に来るのが楽しくなる働き方ができる。
  4. 施設経営に参画する。

施設のご利用状況

通所リハビリテーション(ディケア)(定員30名/日)

概況
一日平均25名前後の方が利用されています。
約3割の方が要支援で、要介護の方の平均介護度が2.6です。リハビリ、入浴、食事そして工夫を凝らしたレクレーション。ボランティアによる書道、お琴、三味線、アニマルセラピー。毎週水曜日のアロマセラピーなどなど、週間行事も充実しています。また、花見、納涼祭、遠足など季節の行事も企画運営し、職員も一緒に楽しんでいます。
通所リハビリテーション担当職員
看護師:1名
介護職:4名
OT,PT,ST:5名(入所兼務)

短期入所サービス(ショートスティ)

概況
現在22名の方と契約をしています。主に3階フロアーで入所の方々と一緒に生活して頂いています。利用状況は一日平均5.3人です。
利用期間は2日から10日間です。
継続して利用いただいていますので「家にいると殆ど動かないのでココ(ショートスティ)でリハビリするわ」と来所するのを楽しみにしている方々も多いです。

入所サービス

概況
定員は80床です。2階・3階に各40床の居室があります。入所の方々の平均年齢は87.4歳、平均介護度は3.4です。居室の稼働率は短期入所を含めて96%で平均在所日数は251日でした。
私たちは高齢者の方々の自立支援、残存能力の維持やADLの維持向上を図り、生活リハビリテーション(生活活動そのものをリハビリの基礎とする)の考え方を重視した介護を提供しています。また、明るく家庭的な雰囲気と地域や家庭との結びつきを大切に、家族の面会、ボランティア活動との連携、年間行事の充実等にも力を入れています。
入所担当職員
ケアマネ:4名(兼務)
看護師:10名
介護職:23名
OT,PT,ST:5名(通所兼務)

教育・研修

教育目標

  1. 専門的知識・技術に裏付けられた質の高い看護・介護を実践できる人材を育成し、QOLを高めるケアの提供が出来る。
  2. 人間としての尊厳・権利を守り、施設理念に沿った看護・介護が提供できる。
  3. 組織の一員としての自覚を有し、積極的に他職種と協働し職務を遂行できる。

教育の方法

  • 担当指導者(プリセプター)を中心にした現場教育(OJT)
  • 職員の自己目標達成を支援する目標管理の実施
  • 施設内研修 1回/月
  • 法人本部人事課企画の研修会参加推進
  • 施設外研修参加の推進と費用の補助
  • 上級資格・関連資格取得の支援(介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員etc)
施設内研修の様子
この月は危険予知トレーニングを行っています。
救命処置訓練の様子
身体拘束委員会の勉強会