後期研修医募集

処遇

雇用形態
常勤。卒業2年の初期臨床研修修了者。募集人員は2名です。
勤務地
甲南加古川病院 ※当院は神戸大学整形外科の専門医プログラムの連携施設です。
給与
当院規定による(面接時に詳細を説明)
学会参加等
(研修内容)
●外来診察を担当し、診断、外来処置、外来手術を行う。また、入院中に担当していた患者さんの手術後の経過観察、さらには保存的に経過をみる患者さんのフォローを行う。
 ●主治医として入院患者さんを担当し、指導医の下で診察して治療方針を立てる。術前カンファレンスで、個々の症例に対して術式選択などについて討議する。
 ●手術手技については術者、あるいは介助者となって、手術治療に参加する。
 ●院内の症例検討会(術前・術後カンファレンス、リハビリカンファレンス)を通じて、多職種との連携を行う。
 ●地域の症例検討会・勉強会に参加して、症例提示も行い、他病院の先生方と討議を行う。
 ●研修期間中に学会発表、論文作成を積極的に行う。

(目標)
 当院は日本整形外科学会の研修施設に認定されており、神戸大学整形外科の専門医プログラム連携施設です。このため、当科で研修することで整形外科専門医試験の受験資格を得ることが出来ます。また、日本リウマチ学会教育施設としても認定されており、リウマチ専門医試験の受験資格の取得も可能です。

   

【整形外科プログラム】
(特徴と目的)
 当院は地域の中核病院として近隣の先生方と連携し、関節疾患、脊椎疾患の治療手術にあたっています。手術数は年間700件を超えており、人工関節置換術を主体に外傷、変性疾患の手術を行っております。また、当院は国立加古川病院に併設されていたリウマチセンターの流れを汲んでおり、たくさんの関節リウマチの患者さんが通院されております。近年の高齢化社会により増加している骨粗鬆症、それに伴う脊椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折の患者さんも多く、専門医による治療を行っています。1日外来患者数は約90人、整形外科病床数は70床、2016年の手術件数741件で、人工関節置換術は200件以上行っており、関節リウマチによる関節変形に対する手術も200件以上行っています。

(研修の方法)
 外来診察を担当し、診断、外来処置、外来手術を行う。また、入院中に担当していた患者さんの手術後の経過観察、さらには保存的に経過をみる患者さんのフォローを行う。
 主治医として入院患者さんを担当し、指導医の下で診察して治療方針を立てる。術前カンファレンスで、個々の症例に対して術式選択などについて討議する。
 手術手技については術者、あるいは介助者となって、手術治療に参加する。
院内の症例検討会(術前・術後カンファレンス、リハビリカンファレンス)を通じて、多職種と連携を行う。
 地域の症例検討会・勉強会に参加して、症例提示も行い、他病院の先生方との討議を行う。研修期間中に学会発表、論文作成を積極的に行う。

応募先ならびにお問い合わせ先

〒675-0009
兵庫県加古川市神野町西条1545-1
一般財団法人甲南会 甲南加古川病院
事務部長 江藤 靖
TEL:079-438-0621
FAX:079-438-1258