診療科・部門 /

Rheumatism

トップページ   診療科・部門   外科   リウマチ科

リウマチ科について

関節リウマチは、関節の痛みや腫れを主とする病気ですが、全身の慢性炎症をきたす病気でもあり、多彩な経過をとります。

当科は、整形外科系リウマチ専門医4名で、最新の診療を実践しています。外来は月曜日から金曜日までしており、痛みや発熱が続くなどの初診患者さんから急に関節炎や症状が悪化して入院を要する患者さんまで、広く対応できるようにしています。
治療は薬物療法に加え、整形外科手術療法(人工関節置換術は年間190例、関節形成術は70例、脊椎手術は16例など)を行い、リウマチ患者さんにとって大切なリハビリテーションは総合リハビリテーションAの基準を整え、広いリハビリテーションルームで、専門的な理学診療を行っています。

一人のリウマチ患者さんに、整形外科系リウマチ医、薬剤師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、メディカルソーシャルワーカー(MSW)、管理栄養士などさまざまな職種のスタッフが関与し、常に患者さんを中心にした医療を行っています。