沿革

一般財団法人 甲南会 沿革

1934年 6月17日、甲南病院開院(118床)
看護婦養成所開設
1941年 甲南病院救護団発足
1945年 外来診療所空襲で焼失
創始者平生釟三郎死去(享年80)
1955年 甲南病院准看護婦養成所発足
1970年 甲南病院付属高等看護学院開校
1972年 西館増築
1979年 神戸市第二次救急病院指定
1982年 新病棟(南館)完成
1984年 開院50周年記念式典
1987年 東館新設により病床数400床へ
1992年 法人本部設置
4月1日、六甲アイランド病院開院(307床)
甲南病院看護専門学校の移転
2000年 国立加古川病院の移譲受入
12月1日、加古川病院開設(250床)
2001年 甲南介護老人保健施設の開設(80床)
甲南訪問看護ステーションの開設
甲南居宅介護支援事業所の開設
甲南病院新館(療養病棟)の完成
2002年 甲南病院本館の改装
加古川病院血液浄化センターの完成
2004年 医師臨床研修病院指定(3病院)
2005年 病院機能評価受審(3病院)
2006年 六甲アイランド病院がDPC準備病院へ
2007年 甲南病院及び加古川病院がDPC準備病院へ
外来処方の院外化実施(3病院)
レセプト電子請求開始(3病院)
2008年 甲南病院看護専門学校閉校(甲南女子大学へ継承)
六甲アイランド病院がDPC適用病院へ
2009年 甲南病院及び加古川病院がDPC適用病院へ
2010年 病院機能評価(Ver.6)を受審する(3病院)。
2011年 加古川病院で電子カルテを導入する。
2012年 甲南病院、六甲アイランド病院で電子カルテを導入する。
公益法人制度改革に伴い、4月1日より、「財団法人甲南病院」から『一般財団法人甲南会』へ名称を変更する。
3病院2施設の名称は、
『一般財団法人甲南会 甲南病院』
『一般財団法人甲南会 六甲アイランド甲南病院』
『一般財団法人甲南会 甲南加古川病院』
『一般財団法人甲南会 甲南介護老人保健施設』
『一般財団法人甲南会 甲南訪問看護ステーション』となる。